眠く憂鬱な朝に訪れた幸運

寝ることが大好きな私が小さな幸せを感じる時は、例えば朝、目が覚めたもののまだ寝ていたい、そんな時に。「あぁ、眠たい。でももうこんな時間。仕事に遅れてしまうから、二度寝はできないし頑張らないと。」と、なんとか自分を奮い立たせている中で、ふと携帯の日付を確認すると何やら違和感が。まだ起きていない脳味噌を動かして判明したのは、今日は仕事が休み、もしくは日曜日だった瞬間。「やった!しめたぞ!まだまだ寝ていられる!」と、先程まで“起きなければならない”という悲しい使命感を背負い、気分が下がっていた後だったのでとても嬉しく幸せな気持ちになってしまいます。更にこんな時に決まって私は、何故かあんなに眠かったのに“こんな早い時間から余裕がある”“寝てても全然大丈夫な状況”という事がテンションを高めてしまうのか、すっかり目が覚めて洗濯や掃除を始めてしまうのです。いつでもお昼寝出来るぞと考えながらテキパキ家事をこなしていると、なんだかんだで買い物にも出掛けてしまったりして。そうしているうちに午前中のうちから家事が終わってしまった日には、その清々しさと、午後から何をしようかな?まだまだ時間はあるぞ、という余裕を持った心を持つことが出来ます。そんな“心の余裕”を感じた時に私は「あ、いま幸せだな」と感じてしまいます。とても小さな事ではありますが、自分の意に反して、ふと訪れた幸運や出来事は人を幸せにさせるものだと思います。こういう日に外出すると売り子さんにふいに話しかけたくなってしまったりする自分がいます^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*