自分の時間を自分の為だけにわがままに使おう

私が「小さな幸せを感じる時」は、一人の時間を満喫している時です。
シングルマザーで二人の子供を育てていると、仕事に家事に育児にと毎日、時間が足りなくて、自分の時間はなかなか取れないものです。
だけど、自分が疲労困憊してくると、だんだんと周りに優しくできないものですよね。
年に数回、「自分の時間を、自分の為だけにわがままに使う」ていう事が、幸せを感じます。

どういうところで自分の時間を使ってるかというと、一人で映画を観たり、ひたすら読書をしたり、一人で寺社仏閣巡りをしたりします。
本当に観たいと思った映画を観に行って、映画を観ながらチュロスを食べる瞬間がほわんとします。
映画の内容には関係なく、映画を観終わった後、スッキリした感じがしてるような気がします。

読書では、本の世界に入り込んでいく瞬間がなんともいけない感覚が好きです。
心と体が本の中にスーッと引っ張り込まれていく感覚が、現実の世界から切り離されていくのが心地よいと思います。

寺社仏閣巡りでも、読書と同じような感覚があると思います。
寺社仏閣の敷地に足を踏み入れた瞬間に温度と空気が変わるような、いつまででも居れるような厳かで不思議な空間がとても好きです。
御朱印を頂いた場合は、後から頂いた御朱印を見返す時間も楽しいです。

実際はこんなことは年に数回できるかできないかです。
やはり、子供が最優先になりますので。
でも、ほわんとする時間を楽しみに、日々頑張れているなと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*